2014年05月22日

運命と宿命


「運命」と「宿命」の関係について。

宿命と運命は、料理に例えられることがあります。料理をするときには、必要な材料とそれをどのように調理していくかを考えますよね。あなたの宿命は料理の材料です。そしてどのように料理していくかが、料理なのです。材料はもう決まっています。他の人が持っている材料をうらやましいと思っても手にははいりません。あなたの手の中にはあなたのために用意された材料があります。そこであなたが考えなくてはならないのが、その材料(宿命)をいかにおいしく料理していくかです。

個性の強い材料(宿命)だったならば、それを生かす調理法(運命)をするのがいいでしょう。逆に質素な素材(宿命)には工夫した料理法(運命)をするのがいいかもしれません。

またどんな手の込んだことをしても、仕上がりが悪く、醜いものではいけません。誰もがステキ!と思うような素晴らしい一皿を目指したいものです。

そのためにはまず、自分の素材をよく知ること。個性が強いのか、弱いのか。甘いのか、辛いのか。何と合わせれば相性が良いのか。素材の特徴を知ってこそ素材の調理ができるのです。これが運命と宿命の関係です。大切なのは、あなた自身の素材を知ること、そしてあなたにしかできない最高の料理ができたなら、あなただけの素晴らしい、人生が開けてくるのではないでしょうか。


posted by すみれ at 14:35| 運命 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。