2014年04月23日

波長の法則と「物質的利己主義」


現世での不幸とは一体何か?

この満ち足りた世の中で何を不満に思っているのか。波長の法則でなぜ私がこの質問をみなさんに投げかけるのかというと、それにはある理由があるからです。それはこのことを深く理解していないと波長の法則をうまく応用できないからです。

不幸とはなにか、それを考えるときあるひとつの観念がうかびあがります。それは利己主義という観念です。利己主義とは書いて字のごとく、己の利益だけを追求する考えのことです。そしてこの世にはどうも物質的価値観のみに重きをおき、自分の欲求を満たし、満足している物質的利己主義に支配されている方が多いように思います。それらの人達の特徴としてあげられるのは、それは魂が永遠であるという霊的視点に立っていないということです。

私たちの魂は、死という現象により必ず肉体を離れます。そしてその魂は、幽界、霊界へと進んでいき、永遠に生き続けます。しかし、これを理解せず現世でいかに多くのものをつかむか、どれだけ長生きできたか。などを物質的価値観のみで人生の幸、不幸を決めていけばどうなるでしょうか。

人の欲に限りはありません。なにかひとつでもたりないものがあれば必ず自分は満たされてない。という思いが芽生えてきます。じつはそれこそが、あなたの不幸と思う最大の原因です。ですからあなたが高い波長を出し、幸せを引き寄せるためには物質的利己主義をすてること。

ではそれについて、今から詳しくご説明いたしましょう。

もしも魂が永遠ではなく、肉体を失いすべてが終わるとしたら、、、。たとえば電車で先に席をとった方が勝ち、絶対に席なんか譲るもんか。と思うでしょうね。また、楽をして儲けるのが一番。人のために働くボランティアなんかバカバカしいと思うでしょう。

目に見えないものには価値がない。人は死んだらおしまい。もしあなたがそう思うなら自分の利益を追求して生きたほうがよっぽど得なこと。

しかし、人は必ず良心という気持ちがそなわっています。お年寄りには席を譲らなきゃ、人が困っていれば何か自分ができることはないかと思うことは誰にでもあるでしょう。その気持ちはなぜわくのでしょうか。それは物質的利己主義をとがめる気持ちが人には潜在的に秘められているからでしょう。

実はこれこそが、あなたの霊的存在であるという証拠なのです。ではなぜ、今の社会で争いや奪い合いが絶えず行われているのでしょうか。それは私たちが、霊的存在ということを忘れ物質的利己主義の観念に支配されているからなんですね。物質的利己主義にとらわれているとどうしても肉体的な快楽のみを追い求めてしまいがちです。そしてその動機が争いや駆け引き、差別などを引き起こしてしまいがちです。

では目に見えるという物質的価値観にとらわれないために大切なのは何か、それはつまり精神です。そして物質的価値観にとらわれない心こそが、あなたが抱く恐れや不幸を取り除く一番の近道なのです。




 
ラベル:江原啓之
posted by すみれ at 18:36| Comment(0) | 江原啓之 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。