2014年05月15日

愛の本質とは。


すべてのグループソウルは自分である。だからこそ自分を愛し成長を望む。これが神の自己愛と呼ぶ理由です。つまり神自身が自分の成長を愛すること、これが愛の本質です。しかし時にはだれもが自分自身を愛する自己愛なんて嫌なもの悪い者と考えてしまいます。神は万物を愛するかもしれませんが、自分だけは例外だと思う人もいます。さらに神は完璧な存在であると捉える人もいます。そういった人には、神の自己愛というのはなかなか理解できないかもしれません。しかしここではっきりと申し上げます。スピリチュアリズムの視点からいうと神という存在は完璧ではありません。なぜなら私たち自身が神の分霊だからです。

この世にある木も石も動物もそして他者という人間もすべては同じ神からうまれたスピリットである。これを理解しなければ森羅万象を愛せることはできません。つまり本当の意味であなたが幸せになるために必要なカルマの法則を実行することはできないのです。

神はより向上を目指すからこそ、自分の分霊をふくめた自分自身を愛し成長を望みながらその自己愛に生きることを説明しました。これは難しいことかもしれませんが、現世における愛と照らしあわせればより深く理解できるのではないでしょうか。

人は神であり、神は人と同じように自分を愛する存在です。しかし神の愛と現世での人の愛はちょっと違います。現世での自分とは肉体に包まれた自分。この肉体の中にある自我を神の自我である大我に対して小我と呼びます。小我とは自分の欲求や肉体の欲望だけをみたす、いわゆる物質的な自己愛のことです。これを現世では利己主義とか自己中心主義と呼びます。これが人間の通常の愛です。なぜ人間は神なのに小我の自己しか愛さないのでしょうか。本来スピリチュアルワールドにおいては神我の方が輝いているのに対し、現世の魂は肉体に包まれるがために未熟な小我が浮き出てしまうのです。まさに現世は自らの小我を見つめる場でもあるのです。

小我に生きる人は不幸の数を数えます。大我に生きる人は感謝の数を数えます。さて、あなたはどちらですか?自分のこころにそのことを問いかける。つまり内観すれば大我に生きているのか、小我に生きているのかおのずとわかってきます。ではなぜ人間は最初から大我の愛をもって生きられないのでしょうか。その答えは自分自身で気付くということが私たちに必要だからです。自分で気付くというのは確信になります。それが本当の理解につながり感動に変わります。私たちは現世で感動と経験を積むために生まれてきた存在です。そういった感動を得るために私たちは不自由な思いをしながらこの現世に生きているのです。


posted by すみれ at 19:49| Comment(0) | スピリチュアル | 更新情報をチェックする

2014年05月09日

憑依体質とは


そもそも憑依体質をもつ人とはどのような人なのでしょうか。憑依されやすい人のオーラは幽体と霊体のオーラが共に、敏感で繊細そして大きいのが特徴です。オーラは色合いやその人の人格もあるので、大きいイコールよい、とは限りません。じつは未浄化霊が憑依するときには、オーラの中に未浄化霊が入った状態をいうからです。世間で憑依体質というと悪いイメージが先行していますが、プラスの面もたくさんあります。憑依体質は霊媒体質とも言えますから、アンテナが優れているぶん高級霊からのサインもキャッチしやすくアイディアマンになります。さらにインスピレーションで仕事をしている人はひらめきの感覚が強いともいえます。芸術家や様々なジャンルの仕事で”イメージが降りてきた”という感覚になるのはじつにオーラの部分が敏感で繊細。そして大きいからです。

ではなぜ、そういう人がネガティブな霊に憑依されやすいのでしょうか。それは波長の法則、つまり類は友を呼ぶでネガティブになっているその人自身がネガティブな霊を引き寄せてしまうのです。しかし憑依霊の場合、それらの霊と友達になっているという自覚がないので怖いだけです。そういった意味では、自覚をもてばいいだけなのですね。憑依体質はよくも悪くも感受性が強い霊的体質です。つまりそれ自体は変えられるものではありません。だからといって逃げに走り悶々としていれば感情の起伏が激しいところにネガティブな霊の思念をキャッチし余計に感情が乱れていくという悪循環を繰り返すだけです。ではその対処法としてどうしたらいいのでしょうか?そのそのポイントは何事もマイナスにとらえるのではなく、どんな困難にも前向きに立ち向かうことです。魂を向上させ、憑依体質という個性をプラスに転じさせていくことができれば非常にインスピレーションの強い人になります。これはオーラを輝かせることと同じこと。すべてはあなたの努力次第なのです。

また、憑依体質の人は生きている人間の思念にも敏感に反応します。簡単な例をあげると、キャッチセールスでものを買ったことがある人は憑依体質といっていいかもしれません。デパートなどの食料品売り場で試食をしたら必ず買って人も同じです。逆に試食をするけれど店員さんの前でふてぶてしい態度をとる人は憑依体質でないと言えるのではないでしょうか。つまり憑依体質の人は相手の気持ちを敏感に組むことができる優しい人なのです。しかし場合によっては優柔不断ですぐに人のいいなりになるイエスマンタイプなのです。

ここまでの説明で自分は大丈夫だと思った人も多いかもしれませんが、安心はできません。なぜならまったく憑依体質ではない人はいないからです。憑依体質かどうかというのはじつはパーセンテージ、つまり強弱の問題です。つまりそれらのネガティブな霊に憑依される可能性は否定できないのです。つまりポジティブな気持ちで前向きでいればなんら恐れることはありません。

赤ちゃんの皮膚はとても弱くてデリケートですが、大人になっていくにつれだんだん強くなっていきます。それと同様に心も経験を積むことで強くなっていきます。ですからいつも厳しい状況に身をおき、心を鍛錬していく必要があるとおもいます。現世にはたくさんの未浄化霊がいます。この未浄化霊はつねに誰かに憑依しているといっても過言ではありません。たとえば、失恋に立ち直れず泣いている人がいたら同じように失恋で亡くなった人が引き寄せられ憑依してしまいます。そして二人場織りのように一緒に人生を生きてしまいます。憑依されたその人の感情はエスカレートして、仕事をやめてしまったり、自殺未遂をしてしまったりと立ち直れないことが多いのです。しかしそれとは逆にその人がいろいろなことに気付き、苦難を乗り越えていくとその人のもつ光は増していきます。あなたがポジティブになって波長を高める努力をし、オーラを美しく輝かせれば、あなたの霊的向上にあわせ憑依していた霊を浄化させることもできるのです。よく霊能者が除霊します。といいますが、じつは除霊にはなんの意味もありません。その霊をつかれた憑かれたひとから一旦引き離すだけで結局は成仏できずにこの世をさまようだけ、そして憑依した人の人間性が変わらなければまたその霊は戻ってきてしまいます。霊能者がいなくても自分自身の力で浄霊していくということが一番大切です。いたずらに憑依霊におびえるのではなく、自分自身がしっかりとしていればいいんだということが理解していただけるのではないかと思います。









posted by すみれ at 17:51| Comment(0) | スピリチュアル | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

性同一性障害は前世からの影響なのか

男ですが、女の心をもっています。これは前世が女だったということでしょうか?

という質問ですが。
良く考えてみてください。魂には性別はありません。性別があるのは肉体であり、現世だけのこと。グループソウルの中では男性だった時代も女性だった時代もあります。こういう人の場合は、この世の学びの課題として女性魂をを色濃く残し生きているということなのです。また女性でも男性魂という男性的な魂を残し、学びや課題の違いであるということを認識していただけるとありがたいと思います。



posted by すみれ at 19:20| Comment(0) | スピリチュアル | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。