2014年04月23日

人生の3つの恐怖

あなたは今、自分が不幸だと思っていませんか?


小さな悩みにクヨクヨし、前にすすむことを躊躇していませんか?


では不安な気持ちはいったいどこからやってくるのでしょうか。
実は人間は日々の暮らしの中で、常に3つの恐怖を抱えながら生きています。


@自分自身の死に対する恐怖


A愛する人の死別の悲しみ


B「人生は不幸なもの」という想い


現世でいかにし幸せに生きるのか?「人生は不幸なもの」という想いにどう向き合えばいいのでしょうか?


その方法は、「波長の法則」を理解することです。


人生には様々な出来事があります。そして様々な人と出会います。ステキな人に出会うときもあれば、イヤだなと思う人に出会うときもあります。


でもそれは、偶然ではなく必然だということを理解してください。


いい出会いがない、人間関係に恵まれない。そんなふうに悩んでいる方は多いと思います。


でも、いい出会いがないのは厳しいようですが原因はあなた自身にあるのです。


実はあなたをとりまく環境は自分自身の心のあり方を鏡のようにうつし出したものなのです。だから、自分が輝いていればいい人に恵まれ反対にネガティブな心をもっていれば、そういう人たちに囲まれるようになります。


これが波長の法則です。




〜江原啓之さんの言葉〜

タグ:江原啓之
posted by すみれ at 01:12| Comment(0) | スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

波長とは?


波長とは、人間が放つ「想いの念」怒っているときには怒りの念。悲しいときは悲しい念が波長となってあなたを包みます。


つまり人間がもつすべての想いがこの波長という霊的なエネルギーを生み出すのです。


そしてもうひとつ、人格をあらわす波長もあります。人それぞれの人格のレベルはそう簡単に好転するわけではありません。従って常に向上欲をもっていることも重要なポイントです。


そしてこの波長は、現世で生きる私たちの出会いに大きく影響しています。


昔から「類は友を呼ぶ」という言葉があります。これは波長の法則をさしていると言っても過言ではありません。


つまり、この世は同じ波長同士のものが引き合い、出会います。


わかりやすい例は、ラジオのチューニング。ラジオは周波数をチューニングすることによって聞こえてくるものが違ってきますよね。


波長の法則もこれと同じこと。
あなたが心を高い周波数にチューニングしていれば、あなたをより幸せにしてくれる人に出会い、気持ちが安らぎ、あなたにとって必要な情報がどんどん耳に飛び込んできます。


逆に低い周波数にチューニングしていると、あなたの心を不快にさせる人しか周りに集まらなくなり、イヤな噂や不安な気持ちにさせる雑音しか入ってきません。


つまり人の出会いというのは、決して偶然ではなく、自分と同じレベルの想念、波長を持った者どうしが引き合ってるということ。


すべてはあなたが放出する波長によって、あなた自身がつくり出しているということなのです。


また、人格を基本とした波長では、あなた自身のうつし鏡と言えるでしょう。


これらを理解し、視点を変えればあなたがどんな波長を出しているか、あなたの周囲にいる人を見ればわかるようになります。


あなたのまわりには常に前向きでポジティブな人がたくさんいますか?それとも、いつも他人の悪口やグチを言って自分では何もしない人ばかりではありませんか?


あなたの人間関係は、あなた自信を映し出す鏡です。


なぜなら、それらあなたの出会いを決めているのはあなたの波長だからです。


もし、イヤな人しかまわりにいないと思っているあなたは、知らないうちにマイナスでネガティブな言葉ばかりを考えて低い波長を出してはいないでしょうか。


あなたの日々を輝かせるためには、この波長の法則を理解し日々前向きでポジティブな高い波長を出す努力をしなければなりません。


しかし現実はどうでしょうか。低い波長を出し、自分は不幸だと思っている人は多いのではないのでしょうか。


〜江原啓之さんの言葉〜


タグ:江原啓之
posted by すみれ at 01:10| Comment(0) | スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ステキな異性とめぐり合うために


ステキな人とめぐり合いたいと若い方なら誰もがそう思いますよね。でも中にはいつも私は、ダメな人を選んでしまう。そういって嘆いている方も多いのではないでしょうか。


そのときこそ、波長の法則を思い出してください。類は友を呼ぶのです。


たとえば、ギャンブル好きで浮気性の恋人を選んでしまった場合。あなたは自分自身ギャンブル好きではないし、浮気性でもないと思うかもしれません。


しかし誤解しないで欲しいのが、なにもギャンブル好きがギャンブル好きを浮気性が浮気性を呼ぶばかりではないということなのです。


ここで考えて頂きたいのは、異性関係がうまくいかない方は、たとえば相手の職業や容姿といった打算。物質的価値観で相手を選んでいるのではないでしょうか、、、、。ということです。


物質的価値観は心や魂の目を曇らせてしまいます。すると相手の欠点を見抜けなかったり、大目に見すぎるということを引き起こすのです。


大切なのは冷静な目を持ち、感情の目で見ないこと。「涙目で物を見てはいけない」と私の守護霊様はこうおっしゃいます。「涙目で見た時には目が曇ってしまう。涙をぬぐった冷静な目で真を見ること。そうすれば真が見えるのだ」と。


つまり結婚をしたいという気持ちを先行させて、相手を見たり、相手の職業や容姿やスタイル、物質的価値観を優先してはいけません。


どうぞ冷静な目で見る努力をしてください。そうすればあなたはおのずと高い波長を出せるようになり、幸せな異性関係を築けるようになるはずです。


〜江原啓之さんの言葉〜



タグ:江原啓之
posted by すみれ at 01:06| Comment(0) | 江原啓之 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。